短文日記

日々失われる記憶の備忘として